予想した四女神オンライン2ではなく、勇者ネプテューヌ(仮)でした。
ナンバリングに相当するものなのか、派生タイトル的な位置付けになるのかは不明です。
まあ、正式タイトルにナンバリングを意味する数字が入らないなら後者でしょうか。
チラ見せ映像を見た印象としては、Live2Dを駆使した3Dグラフィックではないでしょうか?
・・・という印象を持ちましたが、確証は全くない。

※3Dネプテューヌを構成する要素を、2Dの世界観へ持っていこうとしています※

チラ見せ映像と↑のコメントから察しました。
過去に発売されたゲームソフトで例えると、ぱっと見バンダイナムコのトキトワの映像に似てますね。
まあ、ネプテューヌのちょこっと映像は横スクロールに見えますが。

グラフィック的には、アイエフゲー史上最高レベルになりそうな印象を受けました。
現時点のLive2D搭載アイエフゲーは、クロバラノワルキューレとアプリの類に限られます。
ですが、クロバラのバトルやフィールド画面の3DモデリングはLive2Dではありませんでした。
いわゆる、従来のアクティブアニメーションシステム等の立ち絵の表現に限られてましたね。

発売が何時になるかは分かりませんが、これが海外スタジオ中心に動いているのであれば、
ネプテューヌチームによる別のタイトルもそう遠くはないかも知れません。
それが常々予想し続けて来た四女神オンライン2なのかどうかはわかりませんが。

参考例として、電撃感謝祭で発表された四女神オンラインは、翌2月の発売でした。
アイエフゲーは延期さえしなければ、発表から発売まで4ヶ月前後が目安かな?という印象ですが、
電撃感謝祭での新作ネプテューヌ発表は恒例なので、本作に関してはもっと間が空きそうな印象は受けますね。

追記
2Dアクションとの情報有り。私は気付かなかった。
コンシューマゲーム機3種+スチームのマルチプラットフォームの表記があったようですが、現在は削除されたそうです。
アイエフは任天堂を敬遠する姿勢を鮮明にしていたのですが、スイッチが好調なので参入するのでしょうか?
まあ任天堂はともかくとして、少なくとも今更日本でXboxはさすがにきついだろと思わなくはない。

http://www.compileheart.com/neptune/yu-shanep/