秋葉原のゲーマーズにて、アイエフゲーのグッズ販売が実施されているようです。
かなり・・・いや、アイエフ史上最大のグッズ販売と言っても過言ではないでしょう。

・ネプテューヌ(つなこ)
・メアリスケルター(ナナメダケイ)
・キャッスルパンツァーズ(平野克幸)
・クランプール(まなみつ)

主に上記4タイトル4名に焦点を当ててラインナップしているようです。
つなこミュージアムの形を変えて、コンパイルハートの絵師にスポットライトを当てた形ですね。
タイトルチョイスは順当に最新作からという事になったようですが、正直何とも言えんな、これは。

2000円購入毎にくじが貰えるそうです。また、参加賞としてブロマイド1枚です。(全5種)
つなこミュージアムもそうでしたが、特賞とA賞の位置付けが逆なのでは?と思わなくもないです。
4名の顔を立ててこういう位置付けにしているのでしょうと、察する所ではありますね。

ラインナップが非常に多い上に、強気な価格設定です。
とはいえ、オタク向けグッズが割高なのは、今に始まった事ではありませんが。
まあ、以前から電撃が販売しているグッズと、同一価格な感じですね。

個人的には、こういうのは全種類揃えないと気が済まないタイプなんですよね。
でも、将来的には第二弾とかありそうですし、揃え始めたらキリが無いという。

正直、デスリクの店舗特典全買いを予定してましたが、このイベントを見て萎えました。
少なくとも、しょぼ特典の店舗で買う気は失せました。デスリクの購入数は絞ろうと思います。(何)
すまんな・・・今の枯れたモチベーションに、大量グッズ攻勢で畳み掛けられては無理じゃ。
アイエフゲーはここ10年間で300本前後は買ったと思いますが、予約済みのアイエフゲーをキャンセルするのは初めてです。
意図せず、間違えて同一店舗で重複予約購入してた事は複数回ありますけどね。(ぇ

とはいえ、この中にアガレスト戦記が含まれていたら、間違い無く買ってましたね。
そういう意味では、ピンポイントで買い揃えるなら、平野克幸さんのキャスパングッズでしょうか。
もしくは、グッズの種類でピンポイント購入か。

昨今はゲームの売上本数が芳しくないので、関連商品で儲けないと資金繰りも厳しそうです。
・・・いえ、アイエフに限定した話しではないのですが・・・アイちゃんは特にそういう印象ですね。(ぇ

期間中に1度は足を運んでみたい所ですが、実際に行くかどうかはわかりません。

簡単に計算した所、一通り買い揃えると30万円超えそうです。(先行販売商品含む)
まあ、そこまで買い揃える人はほぼいないでしょう。
つなこユーザーによるネプグッズの購入割合が、頭一つ以上飛び抜けて多いんじゃないかなと推測してます。

アクリルアートプレート&クロックに一番興味がありますが、イラストが出てないですね。
他のグッズは同一イラストが多いですが、こちらのグッズは別イラストになりそうです。

http://dengekionline.com/goods/denpile/index.html


https://www.gamers.co.jp/museum/86490/

dengekionline.com/elem/000/001/689/1689604/