セブンパイレーツ(約13000)を下回るとは、さすがに想定外。
むしろ、セブンパイレーツと同じ限界トッキでフェリステラという点に、共通の負のイメージがあるとも言える。
フェリステラじゃないですが、本日発売のクランプール4ケタン有り得るで・・・と不安を感じてしまいました。

過去、初週1万本タイトルというと・・・たっち、しよっ!(2012年)とかが該当しますね。
この間のガンピクは1万割れでしたので、ガンピクよりは少し上回ってますね、、、慰めにもならんか。
GОC6という初週3000以下のランク外で本数不明のタイトルもありましたが、手抜きゲーだけど個人的には好きですよ?
これ一本で、スーパースティングはお蔵入りしちゃいましたけどね。

多分、アイエフがゲームのみを日本のみで販売してたら経営成り立たないですね。
完全新作アイエフゲーの損益分岐点は、出荷本数25000~30000位のイメージがあるんですが。
ネプV2Rやデート・ア・ライブ等のリメイクや移植の類は、もっと低いと思いますが。
四女神オンラインは確実に黒字だと思いますが、2017年の他タイトルは赤字確定レベルのフラグが立った感が否めない。

まあ、他のメーカーにも共通する所はあるでしょうが。コンシューマゲーム業界辛いですね。

確かに、全体的には昨今のアイエフゲーより、2010年以前のアイエフゲーの方が好きです。
とはいえ・・・ちょっと、キャッスルパンツァーズの売上は軽くショックですわ。

なお、後日の別メディアのデータはいくらか上乗せされた形になるはずです。

http://www.4gamer.net/games/117/G011794/20171004067/